セミナー・執筆

  

「IFRSが金融機関に与える影響に関する実務勉強会」(報告)

開催日 2009年12月10日(木)
会 場 帝国ホテル 牡丹の間
主 催 新日本有限責任監査法人
テーマ 第1部 講演
        1.IFRS金融商品会計アップデート
            講   師: Anthony Clifford
                          金融サービスパートナー
                          アーンスト&ヤング(UK)
            解説・補足: 河野 明史
                          IFRSデスク シニアパートナー
                          新日本有限責任監査法人
        2.IFRSの導入によるITインフラへの影響
            講   師: Sanjeet Arora
                          プロダクト戦略・事業開発 シニアマネージャー
                          フィナンシャル・アーキテクツ社(FinArch)
            解説・補足: 田中 雄一郎
                          取締役会長・公認会計士
                          トラストFAS株式会社
第2部 IFRS9導入ケーススタディ
        1.契約上のCFの特徴テスト事例
        2.ルック・スルー事例と加重平均信用リスクの算定事例
        3.公開草案「金融商品・償却原価及び減損の計算事例
2009年12月10日(木)に、金融機関の経理・財務担当者様約100名のご参加を得て「IFRSが金融機関に与える影響に関する実務勉強会」が新日本有限責任監査法人の主催により開催されました。

当社は、IFRSデータ診断プログラムのパートナーであるFinArch社よりSanjeet Arora氏を招聘し、当社田中とともに「IFRSの導入によるITインフラへの影響」と題し、基調講演を行いました。

講演では、IAS第39号が銀行業に与える影響及びヨーロッパ及びアジア太平洋地域での多くの銀行へのIFRS導入経験からFinArch社が得た教訓を踏まえ、日本の銀行におけるIFRS導入推進上のポイントを解説いたしました。

 


このページの先頭へ