税理士法人 トラスト

税務コンサルティング


M&A税務コンサルティング

組織再編税制

近年、M&A、MBO、組織再編において、株式譲渡、合併、会社分割、株式交換、全部取得条項付株式割当方式等様々な手法が用いられますが、採用する手法によって資産の含み益課税、繰越欠損金の切捨て、含み損の損金不算入等、多額な納税負担に繋がる税務リスクが発生します。また、組織再編税制に規定する手続を行わない場合にも税負担が発生する可能性があります。
税理士法人トラストは、上場会社のM&A、MBO、組織再編を中心に数多くの組織再編税制についてコンサルティング業務を行っております。
また、新会社法の適用による新しい手法にも対応するとともに納税負担が企業成長及び企業再生の足枷にならないよう税務スキームを提案致します。

連結納税制度

連結経営における連結ベースでの税務マネジメントを実現するための手段として連結納税制度があります。
税理士法人トラストは、ホールディングス化した上場会社を中心に連結納税制度の検討、導入、申告書作成についてコンサルティング業務を行っており、連結納税制度の適用による企業集団の税金コスト最小化を提案するとともに、企業再編や持株会社化に伴う連結納税制度の導入について検討致します。

TAXオピニオン(意見書)

近年、M&A、MBO、組織再編において、株式譲渡、合併、会社分割、株式交換等様々な手法が用いられております。さらに、会社法の適用により、全部取得条項付株式割当方式等新しい手法も誕生しております。また、組織形態についても、LLPやLLC、ファイナンスの方法についても投資事業組合や匿名組合等様々な形態・方法が用いられています。
税理士法人トラストは、従来の組織再編手法のみならず、現行税制では対応できない新しいスキームに関しても、M&A税務の専門家として意見(opinion)を提供いたします。

<< 税務コンサルティングトップへ


このページの先頭へ