◆トラストが歓迎する人材◆
・企業税務に対する専門性を身につけたい方
・条文、原文をしっかりと調べる仕事をしたい方
・高度な税務業務を経験したい方

 

◆1法人に1担当◆
法人ごとに担当者1名(管理者1名)の体制のため、税務相談から申告事務まで幅広い経験を積めます。

 

◆付加価値の高い税務業務に特化◆
税理士業界の中で付加価値の高い業務の1つである税務コンプライアンス業務(上場企業又はその子会社に対する
企業税務)に特化しています。トラストでは記帳代行、給与計算、年末調整などの事務は請け負っていません。

 

◆クライアントの95%が上場企業グループ◆
クライアントの95%が上場企業又はその子会社(SPC税務は行っておりません)であるため、必ず上場企業グループの税務に携わることができ、企業税務において専門性を高められます。

 

◆英語が不要◆
国内の企業税務を専門としているため、トラストの業務範囲では英語スキルは一切不要です。

 

◆上場企業税務が未経験でも可◆
上場企業税務は未経験でも問題ありません。入社時の集中研修に加えて定例の研修にて学んでいくことが出来ます。

 

◆顧客ニーズが明確◆
上場企業グループへの税務業務とオーナー系企業への税務業務は顧客ニーズが根本的に異なることから、業務が併存すると煩雑化しやすい傾向にありますが、トラストは上場企業又はその子会社への税務業務に特化していることから業務プロセスも明確です。

 

◆入社時は比較的規模の小さい法人(従業員数20人以下)担当が中心◆
弊社クライアントの上場企業グループには、比較的規模の小さい法人(従業員数20人以下)から上場企業(親会社)
まで幅広い規模の法人があります。そのため、能力・経験に応じた規模の法人を担当することが出来ます。

 

◆大学院学費融資制度(合格時に一定割合の免状あり)◆
大学院に通学して税理士資格取得を目指す方を応援する制度です。
大学院に進学する学費を融資し、合格時に在職年数に応じて融資額の一部の返済を免除します。

◆トラストが歓迎する人材◆
・企業税務に対する専門性を身につけたい方
・条文、原文をしっかりと調べる仕事をしたい方
・高度な税務業務を経験したい方


◆1法人に1担当◆
法人ごとに担当者1名(管理者1名)の体制のため、税務相談から申告事務まで幅広い経験を積めます。

 

付加価値の高い税務業務に特化
税理士業界の中で付加価値の高い業務の1つである税務コンプライアンス業務(上場企業又はその子会社に対する
企業税務)に特化しています。トラストでは記帳代行、給与計算、年末調整などの事務は請け負っていません。

 

◆クライアントの95%が上場企業グループ◆
クライアントの95%が上場企業又はその子会社(SPC税務は行っておりません)であるため、必ず上場企業グループの税務に携わることができ、企業税務において専門性を高められます。

 

◆英語が不要◆
国内の企業税務を専門としているため、トラストの業務範囲では英語スキルは一切不要です。

 

◆上場企業税務が未経験でも可◆
上場企業税務は未経験でも問題ありません。入社時の集中研修に加えて定例の研修にて学んでいくことが出来ます。

 

◆顧客ニーズが明確◆
上場企業グループへの税務業務とオーナー系企業への税務業務は顧客ニーズが根本的に異なることから、業務が併存すると煩雑化しやすい傾向にありますが、トラストは上場企業又はその子会社への税務業務に特化していることから業務プロセスも明確です。

 

入社時は比較的規模の小さい法人(従業員数20人以下)担当が中心
弊社クライアントの上場企業グループには、比較的規模の小さい法人(従業員数20人以下)から上場企業(親会社)
まで幅広い規模の法人があります。そのため、能力・経験に応じた規模の法人を担当することが出来ます。

 

◆大学院学費融資制度(合格時に一定割合の免状あり)◆
大学院に通学して税理士資格取得を目指す方を応援する制度です。
大学院に進学する学費を融資し、合格時に在職年数に応じて融資額の一部の返済を免除します。
3科目に合格していれば当該制度を使用することにより税理士資格を取得することが出来ます。

◆トラストが歓迎する人材◆
・上場企業の税務経験を生かして活躍したい方
・自己の担当クライアント業務に集中したい方


◆1法人に1担当◆
法人ごとに担当者1名(管理者1名)の体制のため、税務相談から申告事務まで幅広い経験を積めます。


◆付加価値の高い税務業務に特化◆

税理士業界の中で付加価値の高い業務の1つである税務コンプライアンス業務(上場企業又はその子会社に対する
企業税務)に特化しています。トラストでは記帳代行、給与計算、年末調整などの事務は請け負っていません。


◆クライアントの95%が上場企業グループ◆
クライアントの95%が上場企業又はその子会社(SPC税務は行っておりません)であるため、必ず上場企業グループの税務に携わることができ、企業税務において専門性を高められます。


◆英語が不要◆

国内の企業税務を専門としているため、トラストの業務範囲では英語スキルは一切不要です。


◆顧客ニーズが明確◆

上場企業グループへの税務業務とオーナー系企業への税務業務は顧客ニーズが根本的に異なることから、業務が併存すると煩雑化しやすい傾向にありますが、トラストは上場企業又はその子会社への税務業務に特化していることから業務プロセスも明確です。